滋賀銀行 金融コード:0157

ホーム>滋賀銀行について>沿革

ここから本文です。

沿革

昭和 8年10月彦根市に本店を置く株式会社百卅三銀行と近江八幡市に本店を置く株式会社八幡銀行が対等合併し、現在の株式会社滋賀銀行設立(設立日10月1日、資本金5,000千円、本店大津市)。その後、昭和15年11月株式会社蒲生銀行、昭和17年8月株式会社湖北銀行、昭和18年6月株式会社柏原銀行を買収、昭和18年8月株式会社滋賀貯蓄銀行、昭和20年7月近江信託株式会社を合併し、滋賀県下唯一の本店銀行となる。
昭和 9年 3月行章を制定
昭和13年10月京都支店開設
昭和16年 3月大阪支店開設
昭和21年7月東京支店開設
昭和26年 5月外国為替業務取扱開始
昭和41年 1月行是発表
昭和52年10月大阪証券取引所(市場第二部)、京都証券取引所に上場
(昭和54年3月から大阪証券取引所市場第一部へ指定替え)
昭和57年11月海外コルレス業務開始
昭和62年 5月海外金融先物取引業務取扱開始
6月担保附社債の受託業務取扱開始
10月東京証券取引所(市場第一部)に上場
昭和63年7月新本店社屋完成
平成 元年 5月香港駐在員事務所開設
平成 3年 7月日本円短期金利先物オプション取引の受託業務取扱開始
平成 5年9月香港駐在員事務所を香港支店に昇格
平成 6年12月金利先渡取引業務および為替先渡取引業務取扱開始
平成10年12月証券投資信託の窓口販売業務取扱開始
平成12年 3月ISO14001認証取得
4月新世紀第1次長期経営計画スタート(期間:4年間)
平成13年4月損害保険の代理店業務取扱開始
10月「UNEP(国連環境計画)金融機関声明」に日本の市中銀行で初の署名
平成14年4月確定拠出年金業務取扱開始
6月しがぎんニュービジネス支援ネットワーク「野の花応援団」創設
10月生命保険の代理店業務取扱開始
平成15年4月産学連携奨励金「しがぎん野の花賞」創設
12月上海駐在員事務所開設
平成16年4月新世紀第2次長期経営計画スタート(期間:3年間)
平成17年4月証券仲介業務取扱開始
7月相続関連業務の取扱開始
平成18年12月新事務棟完成
平成19年3月FIRB(バーゼルⅡ)基礎的内部格付手法を金融庁より承認
4月新世紀第3次長期経営計画スタート(期間:3年間)
「CSR憲章」と「滋賀銀行の行動規範」制定
平成20年7月「エコ・ファースト企業」として環境省より認定
12月しがぎん浜町研修センター完成
平成22年4月第4次長期経営計画スタート(期間:3年間)
平成24年2月バンコク駐在員事務所開設
平成25年4月第5次長期経営計画スタート(期間:3年間)
平成26年3月「第17回 環境コミュニケーション大賞」でダブル受賞
平成27年3月「『誠実な企業』賞-Integrity Award-」で優秀賞を受賞
8月「環境人づくり企業大賞2014」で最優秀賞を受賞
平成28年4月第6次中期経営計画スタート(期間:3年間)
このページのトップへ このページは以上です。