滋賀銀行 金融コード:0157

ホーム>法人・個人事業主のお客さま>『しがぎん』Bizダイレクト>セキュリティポリシー

セキュリティポリシー

滋賀銀行では、インターネットバンキングサービスの提供にあたり、お客さまの大切な情報を保護するためのセキュリティ対策を実施しております。
インターネットバンキングのセキュリティ対策をよくご理解いただき、安全、快適にご利用くださいますよう、お願い申しあげます。

セキュリティ対策

インターネット上での情報漏洩・盗聴への対策
『しがぎん』のインターネットバンキングでは、インターネットでの情報の漏洩、盗聴、データの偽造・改ざんを防ぐため、お客さまの情報の送受信に128bitSSL(Secure Socket Layer)による暗号化を実施しています。

※ 128bitSSL暗号とは
SSLとは、ネットスケープ社が開発した、インターネット回線を流れるお客さまの情報をお客さまのパソコンのブラウザと当行のサーバー間で暗号化する仕組みです。暗号化とは、もともと軍事情報などの機密情報を通信する際に他人に情報が漏洩、盗聴、および偽造、改ざんされないよう、元の情報を別の姿に変えて通信を行うものです。
『しがぎん』Bizダイレクトでは、現在、インターネット上の金融取引で利用される128bit暗号化システムによりお客さまの情報を保護しています。この128bit暗号システムによって暗号化された情報は、現時点で解読はほとんど不可能とされています。

スパイウェアへの対策
『しがぎん』のインターネットバンキングは画面上に表示されたキーボードをマウスでクリックすることでパスワード等を入力する「ソフトウェアキーボード」を導入しています。
ソフトウェアキーボードでパスワードを入力した場合、入力情報がパソコン上に残らないためキーボードの入力情報を不正取得するキーロガータイプの「スパイウェア」へ有効な対策となります。
今までどおり、キーボードからの入力も可能ですが、より安全にご利用いただくため、ソフトウェアキーボードのご利用を強くお勧めいたします。

(注意)
ソフトウェアキーボードの使用によって、安全が完全に保証されるものではありません。
スパイウェアに対しては、スパイウェア対応のウイルス対策ソフト等のご利用を併せてお願い申しあげます。

フィッシング詐欺への対策
『しがぎん』のインターネットバンキングでは、フィッシング対策として、日本ベリサイン株式会社の「EV SSL証明書」を採用し、セキュリティの強化を行なっています。これにより、お客さまが『しがぎん』Bizダイレクトにアクセスされる際には、当行の正当なサイトであることが容易にご確認いただけます。

EV SLL証明書についての詳細はこちら

第三者による不正防止策

お客さま以外の第三者の利用を防ぐため、『しがぎん』のインターネットバンキングでは、電子証明書方式を原則としています。

『しがぎん』Bizダイレクトでは、認証方式として「電子証明書方式」および「ID・パスワード方式」を採用していますが、「電子証明書方式」を原則としています。
Macintosh製パソコンやスマートフォンでは電子証明書がご利用いただけないため、電子証明書がご利用いただけない場合のみ「ID・パスワード方式」による認証としています。

電子証明書とは
当行が発行する「電子証明書」をお客さまにインターネットバンキングで使用するパソコンにインストールしていただき、本サービスへのログインを電子証明書の格納されているパソコンに限定させていただきます。万一お客さまのログインパスワード等の情報が盗まれた場合でも、電子証明書の格納されていないパソコン以外からのログインは拒否しますので、第三者による不正利用を防止することができ、インターネットバンキングをより安全にご利用いただけます。

ワンタイムパスワード
お客さまのスマートフォン等に表示される、その時だけ有効な使い捨てパスワードです。この使い捨てのパスワードを「ワンタイムパスワード」といい、「ワンタイムパスワード」を自動生成するもの(ソフトウェア)を「トークン」といいます。パスワードは1分毎に変化し、1回限りの使用となるため、非常に高いセキュリティを保つことができます。
取引認証方式
資金移動などの承認を必要とする取引において第1経路(ブラウザ)でデータを作成し、第2経路(スマートフォン等)を使って承認する認証方式です。個々の経路のセキュリティに依存するのではなく、2経路を同時に攻撃する難しさに基づいており、高いセキュリティを確保できます。
メール通知パスワード
ログイン方法が「ID・パスワード方式」でご利用のお客さまは、振込・振替等の操作を行う際に、確認用パスワードの入力に加えて、操作の都度電子メールでお知らせする「メール通知パスワード」の入力が必要となります。万一お客さまの確認用パスワード等の情報が盗まれた場合でも、その都度変わる「メール通知パスワード」の入力が必要なため、第三者による不正利用を防止することができ、インターネットバンキングをより安全にご利用いただけます。
自動ログアウト機能
ログイン後、一定時間操作がない場合は、不正使用防止のため、自動的にログアウトします。
※一定時間後に自動的にログアウトしますが、パソコンを離れられる際は必ずログアウトをしてください。
前回ログイン時間の表示
インターネットバンキングでは、前回ログイン時間をトップ画面に表示しています。ご利用時間に心当たりのない場合は、まずログインパスワードを変更していただき、すぐに、当行までご連絡ください。

『しがぎん』Bizダイレクトヘルプデスク:フリーダイヤル0120-322-654(平日9:00~21:00)

振込限度額の設定
マスターユーザまたは管理者ユーザが、振込・振替サービスについてはサービス指定口座ごとに1日振込限度額および担当者ごとに1回あたりの振込限度額を設定することができます。
データ伝送サービス(総合振込)については、1日の振込限度額および担当者ごとに1回あたりの振込限度額を設定することができます。
インターネットからの不正侵入の防止策
インターネットからの不正侵入を防ぎ、安心してご利用いただくため、滋賀銀行のインターネットバンキングシステムでは、ファイヤーウォール等の不正侵入防止システムを設けてインターネットからの不正なアクセスを防止するとともに、常時不正アクセスがないか監視を行っています。また、インターネットからの攻撃を想定したセキュリティテストを定期的に実施しています。

【お客さまへのお願い】

安全にお取引きいただくため、お客さまご自身でも管理をお願いいたします。


暗証番号等の管理
パスワード等はお客さまで厳重に管理してください。
  • ログインパスワード・確認用パスワードは、できる限りご記憶ください。
    ※メモに残すことは、避けてください。
  • ログインパスワードは定期的に変更してください。
  • 電話照会パスワード・ログインパスワード・確認用パスワードには、名前・生年月日・電話番号等、他人に類推されるものは避けてください。
  • 電話照会パスワード・ログインパスワード・確認用パスワードは、他人に教えたり、紛失・盗難に遭わないよう厳重に管理してください。
    ※当行行員から、お客さまに電話照会・ログインパスワード・確認用パスワードをお尋ねすることはありません。
ご利用中の管理
インターネットバンキングをご利用中にパソコンの前から離れる際には、他の方が勝手に操作されることを防止するため必ずログアウトしてください。
ご利用者の管理
ご利用者として登録されている従業員の方が退職された場合には、ただちにマスターユーザ または管理者ユーザが、従業員のログインIDを削除してください。
※パソコンの操作については、下記ヘルプデスクにお問合せください。

『しがぎん』Bizダイレクトヘルプデスク:フリーダイヤル0120-322-654(平日9:00~21:00)

ご利用端末の管理
『しがぎん』Bizダイレクトをご利用の端末は、第三者が不正な装置等を取り付けていないか十分確認し、ご利用ください。
送信明細等の保管
総合振込・給与振込・賞与振込・口座振替・SNS代金回収・地方税納入の各送信明細および送信結果は、必ず印刷してください。

【電話照会サービス上のセキュリティ対策】

電話照会サービス
通信回線上での盗聴防止技術を利用しております。
このページのトップへ このページは以上です。