滋賀銀行 金融コード:0157

個人のお客さま>ニュースリリース一覧

ニュースリリース

2016.12.22

滋賀県初!地域の魅力を“QRコード”で多言語発信!

「QR Translator」でインバウンド需要を取り込め!

~NTT西日本とNTTマーケティングアクトと連携~

当行は、西日本電信電話株式会社 滋賀支店(滋賀県大津市 支店長 安田 豊、以下、「NTT西日本」)、株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクト(大阪府大阪市 代表取締役社長 山本 博敏、以下、「NTTマーケティングアクト」)と連携し、「四番町スクエア」をはじめとした彦根市内の観光関連施設に、Free Wi-Fi(びわ湖 Free Wi-Fi※1)等を活用してQRコード※2で情報を読み取る、訪日外国人向け多言語※3翻訳サービス「QR Translator」を滋賀県で初めて提供いたします。

当行は、県内事業者さまへのご紹介等を通じて本サービスの普及展開をサポートするとともに、訪日外国人観光客の滋賀県誘致による地域振興に貢献してまいります。

※1 「びわ湖 Free Wi-Fi」とは、共通SSID「Biwako_Free_Wi-Fi」を通じてWi-Fiインターネット接続が無料となる、滋賀県内で利用可能な公衆無線LANアクセスサービスです。Wi-Fiのご利用には対応端末が必要です。ご利用には各種条件がございます。
※2 「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※3 彦根エリアにおける 対応言語は、日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語です。

【別紙1】「QR Translator」について

【別紙2】彦根エリアにおける「QR Translator」提供場所一覧

1.経緯

当行、NTT西日本、NTTマーケティングアクトでは、地域振興に資する取り組みの一環として、近年増加する訪日外国人に対して、簡便に地元の観光情報等を伝えることを目的として「QR Translator」の普及展開を連携して進めており、本件はその第1弾の取り組みとなります。

提供場所の一つである「四番町スクエア」は大正時代のレトロな建物が印象的な商店街で、近年は海外からの観光客も増加しております。「QR Translator」は、既存の観光情報(案内板、パンフレット等)や、飲食店のメニューなどにQRコードを貼付し、スマートフォン等の端末で読み取ることで「その場で簡単に」翻訳されたホームページにアクセスできるため、タイムリーに地元の情報を伝達することが可能となり、観光満足度の向上が期待されます。

2.各社の役割
  • (1) 滋賀銀行
    「地域密着型金融」の取り組みとして地域経済活性化に繋がる施策を展開しており、「QR Translator」を県内事業者さまへ紹介し、導入を推進することで、訪日外国人へ滋賀県の魅力を伝え、観光を通じた地域振興に貢献します。
  • (2) NTT西日本
    県内事業者様へ「QR Translator」の詳細なご提案を実施するとともに、サービスの利用最大化に向けた「びわ湖 Free Wi-Fi」の整備を推進します。
  • (3) NTTマーケティングアクト
    多言語翻訳サービス「QR Translator」の販売および提供、運用サポートを行います。
3.提供開始時期

平成28年12月23日(金)

4.今後の展開

当行、NTT西日本、NTTマーケティングアクトは、「QR Translator」のお客さまへの普及展開を連携して推進することで、増加する訪日外国人への観光支援強化を通じて滋賀県の地域振興に貢献してまいります。

以上

本件のお問い合わせは

滋賀銀行 営業統轄部 地域振興室
(077-521-2347) 澤島、西村

総合企画部 広報室
(077-521-2202) 北村、嶋崎

※平日9:00~17:00(祝日・銀行休業日を除く)


このページのトップへ このページは以上です。