滋賀銀行 金融コード:0157

個人のお客さま>ニュースリリース一覧

ニュースリリース

2018.09.03

CSR私募債をリニューアル!

「SDGs私募債『つながり』」取扱開始

~ SDGsの普及拡大と社会的課題解決に幅広く貢献~

当行は、9月3日(月)、SDGs(※1)の普及拡大と、社会的課題解決の取り組みを支援するため、「CSR私募債『つながり』」の商品リニューアルを行い、「SDGs私募債『つながり』」として取り扱いを開始しました。

「SDGs私募債『つながり』」とは、当行に「SDGs賛同書(※2)」を提出した企業が私募債を発行した場合に、発行額の0.2%相当の資金を当行が拠出し、学校や特定公益増進法人(※3)に対して、物品の寄贈や活動資金の寄付を行うものです。

このたびのリニューアルで、「地域の社会的課題解決に向けた活動資金」の寄付を選択肢に加えたことにより、持続可能な社会の実現につながる取り組みを、より幅広く柔軟に支援することが可能となりました。

当行はこれからも本業を通じた地域の課題解決に取り組んでまいります。

(※1)SDGs

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称。2015年9月に国連で採択された世界の共通目標で、17ゴール・169ターゲットで構成されています。

(※2)SDGs賛同書

SDGs私募債の発行を希望する企業が、「SDGsの趣旨に賛同する」ことを表明するもので、当行に対してご提出いただきます。

(※3)特定公益増進法人

社会福祉法人、公益財団法人、公益社団法人、認定NPO法人を指します。教育または科学の振興、文化の向上、社会福祉への貢献その他公益の増進に著しく寄与する法人で、一定の法律に基づいて設立されたものが該当します。

1.商品の仕組み

2.リニューアルによる主な変更点
項目リニューアル前リニューアル後
商品名CSR私募債「つながり」SDGs私募債「つながり」
発行企業

「PLB賛同書」提出企業

PLBとは、当行が独自に定めた「しがぎん琵琶湖原則」のことで、企業による環境保全への取り組みに賛同いただくものです。

「SDGs賛同書」提出企業
寄贈相手学校または特定公益増進法人(変更なし)
寄贈内容子どもたちの学びや成長を応援する物品左記の物品または、社会的課題解決に向けた取り組みの活動資金

<参考>
当行は、2014年に近畿の地方銀行で初めて「CSR私募債」の取り扱いを開始。2018年7月末現在の私募債発行実績は累計379件324億円となり、これまで310先の学校等に総額5,902万円相当の「子どもたちの学びや成長を応援する物品」を寄贈しています。

3.発行条件
項目銀行保証付私募債特定社債保証制度
発行額5,000万円以上10億円以内5,000万円以上5億6,000万円以内
償還期間2年~5年2年~7年
償還方法「満期一括償還」または「定時償還」
金利固定金利
4.発行企業のメリット
  • 次世代の人材育成や、公益性の高い活動を、間接的に支援することができます。
  • SDGsや地域貢献に対する企業さまの取り組み姿勢を広くアピールできます。
  • 適債基準を満たす優良企業であることの証明や、企業イメージの向上につながります。
5.その他
  • 寄贈先は学校、特定公益増進法人に限られます。
  • 当行からの寄贈であり、発行企業さまの寄付金控除対象等には該当しません。
  • 寄贈先の希望等により、発行企業さまのご意向と異なる寄贈内容となる場合があります。
  • 私募債の発行には所定の審査があるため、ご希望に沿えない場合があります。
以 上

本件のお問い合わせは

滋賀銀行 営業統轄部 法人推進グループ
(077-521-2843)

総合企画部 広報室
(077-521-2202)

※平日9:00~17:00(祝日・銀行休業日を除く)


このページのトップへ このページは以上です。