滋賀銀行 金融コード:0157

個人のお客さま>ためる・ふやす>投資信託>NISA

NISA

nisaMV

NISA口座開設の流れ

NISA口座を開設できるのは、全金融機関で年毎に1人1口座のみです。非課税口座開設にあたっては金融機関を経由して、税務署から「非課税適用確認書」の交付を受ける必要があります。

NISA口座開設の流れ図

口座開設申込から開設完了のご案内まで、約2~3週間程度を要します。

NISA口座開設に必要な書類

NISA口座開設には、以下の書類が必要となります。

① 平成25年1月1日(基準日)時点の住所を証する「住民票」(コピー不可)1通

② マイナンバー(マイナンバーが記載されたものとは、個人番号カード、通知カード、住民票の写し(個人番号の記載のあるもの))

③ 非課税適用確認書交付申請書 兼 非課税口座開設届出書

平成25年1月1日時点の住所(基準日住所)と現住所が異なる場合は、以下の書類が必要となります。

同一市区町村間で転居の場合

・平成25年1月1日時点の住所(基準日住所)およびその住所に住んでいた期間が記載された履歴付きの「住民票」(コピー不可)1通

異なる市区町村間で転居の場合

・下記1)と2)両方の書類が必要となります。
1)平成25年1月1日時点の住所(基準日住所)を証明するもの
「住民票の除票」(コピー不可) 1通
2)氏名・生年月日・現住所を証明する本人確認書類
「運転免許証」、「健康保険証」、「住民票」等

海外に居住していた場合

・平成25年1月1日以降、国内に転入した日の国内住所を証明する「住民票」(コピー不可)1通

ただし、海外から国内に転入した日から現在までの間に転居された場合は、現住所を証明する公的書類(コピー可)も
提出が必要です。

ご注意

複数の金融機関に重複して交付申請された場合は、当行へのお申込みが無効になる場合があります。
ご提出いただきました上記書類のご返却には応じかねますので、ご了承ください。(上記のとおり、お申込みが無効になった場合も同様です。)

基準日住所を証明する書類の住所・氏名と申込時の住所・氏名の異なる方は、基準日住所の証明書類に加え、告知書類として運転免許証等の本人確認書類をご提出いただく必要があります。

基準日住所の証明書類および告知書類を当行で受領した日によって、発行日又は有効期限の制約があります。

基準日住所証明書類 発行日が当行受領日前6ヵ月以内のもの
告知書類 当行受領時点で有効なもの
※住民票等は発行日が当行受領日前6ヵ月以内のもの

平成27年よりNISA口座を開設している金融機関の変更を希望される場合の必要書類は異なりますので、お近くの店舗等へご相談ください。

おすすめ情報

NISA
ネット投信
投資積立
特定口座

電話で相談する

お問い合わせ先 0120-21-3560

受付時間 : 銀行窓口営業日 9:00~21:00

セミナーに参加する

資産運用のノウハウや基礎知識をわかりやすくご説明します。

セミナー開催情報

インターネットで購入する

投資信託の購入・解約はインターネットが便利です。

インターネットバンキングのご案内

投資信託のお申込手数料は、窓口よりもオトク!

土・日・祝日、銀行窓口が閉まっている時間帯もご利用可能!詳しくはこちら

ネット投信体験版

PDFリンクバナー

「収益分配金に関する留意事項」「通貨選択型ファンドの収益イメージ」PDF

詳しくは各店の「投資信託取扱窓口」へお問い合わせください。

株式会社滋賀銀行

このページのトップへ このページは以上です。