滋賀銀行 金融コード:0157

個人のお客さま>電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針

ここから本文です。

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針

株式会社滋賀銀行(以下、「当行」)は、電子決済等代行業者等とのオープンイノベーションを推進していくため、以下の通り「電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針」を定めます。当方針を変更する場合には、当行ホームページにてお知らせいたします。

  1. 基本方針
    当行は、オープンイノベーションにより付加価値の高い金融サービスを提供し、お客さまの利便性向上を図るために、利用者保護を確保することに留意しつつ、多様な電子決済等代行業者との連携・協働を図っていくことを基本方針としています。
  2. API連携に係る方針
    • (1) 更新系API
      当行は、お客さまの利便性向上を目的として、更新系APIの利用ニーズを踏まえながら、2019年春を目途に更新系API(個人向けの口座振替等)の整備を行う予定です。
    • (2) 参照系API
      当行は、お客さまの利便性向上を目的として、2018年秋を目途に参照系API(個人・法人向けの残高照会・入出金明細照会等)の整備を行う予定です。
  3. API連携に係るシステムに関する事項
    当行が提供するAPI連携に係るシステムは、「オープンAPIのあり方に関する検討会」(事務局:一般社団法人全国銀行協会)による「オープンAPIのあり方に関する検討会報告書」(2017年7月13日公表)記載のAPI仕様標準、セキュリティ原則に則っております。
    また、個人向けのAPI連携システムの設計、運用及び保守については株式会社日立製作所に、法人向けのAPI連携システムの設計、運用及び保守については株式会社NTTデータに委託する予定です。
  4. 担当部署
    当行において、電子決済等代行業者との連携・協働にかかる業務を担当する部門の名称及び連絡先は以下の通りです。
     担当部門:滋賀銀行 総合企画部ICT戦略室
     連 絡 先:077-521-2208 (受付時間:平日9:00-17:00)
  5. 参考情報
    詳細については、当行ホームページで順次公開していく予定です。
  6. 電子決済等代行業者:銀行法第2条第18項に定める事業者。別途当行が定め、今後公表する予定の接続基準に合致し、契約を締結した事業者に限る
    更新系API:銀行法第2条第17項第1号に定める業務
    参照系API:銀行法第2条第17項第2号に定める業務

このページのトップへ このページは以上です。