滋賀銀行 金融コード:0157

ホーム>滋賀銀行について>環境方針

ここから本文です。

環境方針 ~クリーンバンクしがぎんをめざして~

滋賀銀行は、「未来からの預かりもの」である琵琶湖を擁する滋賀県の地元銀行として、「環境金融」の更なる充実により、持続可能な社会づくりに貢献するとの使命を再認識し、「お金の流れで地球環境を守る」との気概で、「地球温暖化防止」ならびに「生物多様性保全」に向けた取り組みの実現に努めてまいります。

  1. 省資源・省エネルギー活動
    省資源・省エネルギー・リサイクル活動等の「エコオフィスづくり」を推進し、環境負荷の低減に努めます。
  2. 金融サービスを通じた環境保全
    環境対応型金融商品・サービスの開発・推進ならびに情報提供を通して、琵琶湖をはじめとする地球環境保全への取り組みを、地域と連携して行います。
  3. 環境関連法規等の順守
    環境に関連する法規制、および滋賀銀行ならびにグループが同意するその他の要求事項を順守します。
  4. 全員参加と啓発
    役職員一人ひとりが環境問題に関する認識を深め、地域社会の環境保全活動を推進するために、積極的な啓発活動に取り組みます。
  5. 環境方針の公開
    この環境方針を役職員および当行のために働く全ての人に周知し、広く内外に公開します。

平成11年10月22日(制定)
平成22年  4月  1日(改定)

取締役頭取 高橋 祥二郎

このページのトップへ このページは以上です。