ビジネス

行員の自己実現をサポートする
研修制度

時代の変化に合わせて業務が多様化するなか、研修のあり方も変化してきています。当行では、「自分の成長は銀行から与えられるものではなく、自分自身で作り上げていくもの」という意識を大切にしています。Self Design(目指すべき姿/どのようになりたいか)、Self Development(自己成長/どのように歩んでいきたいか)を常に考えることができる行員を育成し、一人ひとりの自己実現をサポートするために各種研修制度を充実させています。

新入行員研修
まず「入行前研修」を通じて、社会人としてのマナーから銀行員としての基本的な知識を習得。入行後は、集中研修と営業店でのOJTを通じて銀行業務全般の習得を支援。知識を詰め込む研修ではなく、ロールプレイングやグループワークを通じて「自ら考える力」「コミュニケーション能力」など社会人としての基礎能力の強化を図ります。
階層別・職務別研修
2年目以降も若手、役席、支店長とそれぞれの役割に合った研修を階層別に実施。また、事業性融資研修や資産承継コンサルティング研修など、職務内容に応じて多様な研修を取り揃えています。行員一人ひとりが新たな価値を創造・提案できる「課題解決型人財」へと成長していただくために、中長期的な目線で銀行が支援し続けます。
自己啓発・行外研修
幅広い分野の知識習得や旬な話題の提供を目的に、自由参加型のゆとりプランセミナーやe-ラーニングを提供。また、外部専門機構等への行員派遣や海外研修も充実しています。専門資格取得に向けたサポート体制や資格取得者への奨励金制度の充実を図り、学ぶ意欲やチャレンジ精神旺盛な行員の自己研鑽をバックアップしています。

自分のがんばりが
きちんと評価される人事制度

[ はなしあい制度 ]

自分の目標は自分で決めて、目標達成に向けてチャレンジする。そのために自分の役割・目標をしっかり確認できるように、上司と面談する「はなしあい」の場が設けられます。はなしあいは行員一人ひとりの思い・考えをより細かく把握するための重要な場となっています。また、部下が上司(支店長・次長以上)を評価する「多面評価制度」も導入、上司と部下がともに成長できる仕組みです。

[ 人材公募制度 ]

挑戦する意欲と、自分の持てる力や適性を発揮し、自ら望む職種や部署へ異動できる「人材公募制度」を導入しています。本人の意思と業務能力、そして適性を見ながら、行員の可能性を最大限に引き出すために取り入れている制度です。本部業務を中心に約10部門を対象に希望者を募り、選考を通過すれば希望する部署に配属されます。他にも、アジア各国への海外トレーニーや中小企業大学校への派遣者もこの公募制度を活用しています。

ページの先頭へ