滋賀銀行 金融コード:0157

ホーム>滋賀銀行について>頭取ごあいさつ

ここから本文です。

頭取ごあいさつ


取締役頭取 高橋 祥二郎

皆さまには、平素より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

私たちの暮らしや経済に試練をもたらしたコロナ禍は、いまだに収束が見えず、不透明な状況が続いています。当行は、大きな影響を受けられた事業者の皆さまの資金繰り支援や経営支援に努めてまいりました。一方で、相場が大きく変動する中、資産運用先へのきめ細やかな対応にも注力してまいりました。預金、貸出金は順調に推移しましたが、貸出金利回りの低下などにより、当中間期の親会社株主に帰属する中間純利益は前年同期比22億円減の64億円となりました。

このたびのコロナ禍は社会のデジタル化を加速させ、社会や経済のあり方を大きく変えたと言われています。このような変革期において、当行は10月1日、「サステナビリティ方針」を制定して地域社会とお取引先、地球環境、役職員の持続可能な発展に向けた指針を掲げ、その方針を積極的に推進するために「サステナブル戦略室」を設置しました。戦略室を中心に中長期的な視点でグループが連携し、地域に貢献してまいります。

また、当行自身のデジタルノウハウを活用し、お客さまや地域社会のデジタル化を推進するために、「デジタル推進室」と「デジタル戦略グループ」も新設しました。引き続き、お取引先の生産性向上や地方自治体のデジタル活用などの支援に取り組み、地域全体の価値向上とサービスアップにつながる課題解決に努めてまいります。

これからもより一層のご愛顧、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2020年12月
取締役頭取 高橋 祥二郎

このページのトップへ このページは以上です。