滋賀銀行 金融コード:0157

ホーム>滋賀銀行について>頭取ごあいさつ

ここから本文です。

頭取ごあいさつ


取締役頭取 高橋 祥二郎

皆さまには、平素より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

長引く新型コロナウイルス禍に加え、ウクライナ危機に伴う世界経済の減速など景気への影響が懸念される出来事が後を絶ちません。先行きの不透明感はありますが、当行は地域の明るい未来に向けてお取引先の経営支援や個人のお客さまの資産形成をサポートし、地域経済の活性化に努めております。

さて、2022年3月期の業績は、当期純利益(連結)が前期比62億円増の177億円となりました。コンサルティングを中心とする役務取引の増加などで順調に推移しました。また、預金残高(譲渡性預金を含む期中平均残高)は2,419億円増の5兆5,192億円、貸出金残高(期中平均残高)は622億円増の4兆570億円となりました。

今年4月に行われた東京証券取引所の市場区分再編で、当行はプライム市場に上場しました。決意を新たに、「課題解決型金融情報サービス業」の取り組みをより一層推し進めてまいります。その想いを込めて、第7次中期経営計画(2019年4月~2024年3月)の完遂に向けたキーワードを「未来につなげるSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)」としました。中長期的な社会的課題解決の視点を経営に取り入れてビジネスモデルを変革し、現世代だけでなく、子や孫などの将来世代にも持続可能な社会を引き継いでいけるよう努めてまいる所存です。

皆さまには、今後とも引き続きご理解とご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2022年6月
取締役頭取 高橋 祥二郎

このページのトップへ このページは以上です。