そなえる

将来のための安心や、万が一の場合のそなえなど、 お客さまの“そなえておきたい安心”にお応えします。

そなえるTOP

閉じる

ニュースリリース

2024.03.28

システム、店舗運営・業務効率化、サイバーセキュリティ分野における共同研究

「TSUBASA・じゅうだん会共同研究会」の発足について

当行は、3月28日(木)、「TSUBASA・じゅうだん会共同研究会」(以下、本研究会)の発足にあたり、本研究会への参加を決定しましたのでお知らせします。

1. 「TSUBASA・じゅうだん会共同研究会」発足の経緯・目的

コロナ禍を契機として「デジタル化」の潮流が加速し、個人の価値観や行動は大きく変化しています。多様化するお客さまのニーズや地域の課題解決に対するステークホルダーからの期待に応えていくため、地域金融機関として経営効率を高めながら地域の持続的な発展に貢献することが各行共通の課題となっています。

このような環境下において、システム関連で親和性のある両グループが知見・ノウハウを共有し、効率的なシステム運用・業務プロセスの実現を目指すとともに、お客さま向けサービスの高度化、各地域経済の持続的な成長に貢献するため、本研究会を立ち上げることとしました。

当行グループは、本研究会の参加行と連携して地域社会やお客さまに付加価値のあるサービスを提供するとともに、地域とともに歩む企業として、誰もが幸せに暮らせる社会を実現してまいります。

2. 本研究会の概要
名   称TSUBASA・じゅうだん会共同研究会
検討テーマ

<システムタスクフォース>

  • 次世代システム、サブシステムに関する共同研究
  • デジタル分野(API活用等)に関する共同研究
  • AML(マネー・ローンダリング防止)対策に関する共同研究

<業務効率化タスクフォース>

  • 店舗省力化施策(有人店舗の省力化、バックオフィスの共同化)に関する共同研究
  • 業務効率化に関する共同研究

<サイバーセキュリティタスクフォース>

  • サイバーセキュリティ対策に関する共同研究
  • サイバーリスクマネジメントに関するノウハウ共有
メンバーTSUBASAアライアンス 全10行、じゅうだん会 全7行 全15行※1
  • ※1武蔵野銀行、琉球銀行は両グループに参加
【イメージ図】

  • ※2千葉銀行、第四北越銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行、武蔵野銀行、滋賀銀行、琉球銀行、群馬銀行の10 行が参加する地銀広域連携の枠組み。(URL: https://tsubasa-al.co.jp
  • ※3八十二銀行が開発する銀行の基幹系システムを共同利用する地方銀行7行の枠組み(山形銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、八十二銀行、阿波銀行、宮崎銀行、琉球銀行)(URL: https://sec.juudankai.jp
    なお、武蔵野銀行、琉球銀行は両グループに参加しています。

以 上

本件のお問い合わせは

総合企画部 経営企画グループ
(077-521-2200)

総合企画部 サステナブル戦略室 広報グループ
(077-521-2202)

※平日9:00~17:00(祝日・銀行休業日を除く)


滋賀銀行 便利ナビ

店舗・ATMの情報はこちら
各種お手続き・お問い合わせはこちら
金利・為替情報はこちら
各種手数料はこちら
キャンペーン・商品情報はこちら