そなえる

将来のための安心や、万が一の場合のそなえなど、 お客さまの“そなえておきたい安心”にお応えします。

そなえるTOP

閉じる

マイホーム購入

人生で最も高い買い物といえる住宅の購入。購入する際は頭金と合わせて住宅ローンの利用が一般的です。事前にいくら必要なのかを把握し、無理のない返済計画を立て、計画的に住宅を購入しましょう。

みんなはどうしてる?モデルケースを見てみよう!

マイホーム資金計画

マイホーム購入のためには、まずは無理のない資金計画を立てることが必要です。
将来の修繕や退職時のローン残高を考慮した計画が大切です。

マイホーム購入にかかる費用の把握

マイホームの購入には住宅の購入費用以外にもさまざまな費用がかかります。あらかじめ把握して頭金等は早めに準備しておきましょう。

そろそろマイホームを購入したいけど、頭金はどれくらい用意したらいいのかなあ?

住宅購入にかかる費用

住宅購入費(滋賀県)

  • 出典:独立行政法人住宅金融支援機構
    「2019年度フラット35利用者調査報告書」

マイホームを購入するメリット・デメリット

そもそもマイホームを購入するメリットって?

例えば30歳から80歳まで賃貸に住んだ場合、家賃が8万円/月とすると、8万円/月×50年(600ヵ月)=4,800万円もの家賃を払い続けることになります。
同じ8万円を払うのでも、持ち家であれば将来ご自身の資産として残すことができます。

メリット・デメリットをふまえて購入を検討しましょう。

メリット

  • 将来、配偶者や子どもに資産として残すことができる。
  • 世帯主に万一のことがあっても、住宅ローンの団体信用生命保険に加入していることで住宅ローンの支払いがなくなり、残された家族が住居費を負担することはない。

デメリット

  • 収入・生活環境が変わっても住宅ローンを払い続けなければならない。
  • 固定資産税や修繕費などの維持費がかかる。
  • 住み替えや売却を検討する時、希望する金額で売れなかったり買い手がつかなかったりする場合がある。

頭金はいくら用意すればよい?

マイホームは高額な買い物なので、多くの人は手持ち資金と併せて住宅ローンを利用して購入します。一般的には住宅価格の20%程度の頭金を用意しておくとよいといわれています。また購入時には、住宅価格の5~8%の諸費用も別途必要になります。

住宅購入時の頭金

住宅購入価格の20%が頭金

+

諸費用

住宅価格の5~8%

主な諸費用とは・・・

  • 住宅ローン事務手数料
  • 保証会社保証料
  • 火災保険・地震保険料
  • 司法書士手数料
  • 仲介手数料
  • 税金(印紙税・登録免許税・不動産取得税・固定資産税)

その他にも何かとお金がかかります

住宅購入時:引越し費用、家具・家電購入費。住宅購入後:固定資産税・都市計画税、各種保険料、管理費・修繕積立金(マンションの場合)

自分に合った住宅ローンを検討

実際に住宅を購入する場合について考えてみましょう。

具体的に考えてみよう!

住宅ローンを利用して、3,500万円の住宅を購入する場合(モデルケース)

モデル事例の図 モデル事例の図

はじめて住宅ローンをご検討のお客さまはこちら

夢のマイホーム購入には、やっぱりたくさんお金を準備する必要があるんだなぁ。
少しでも支払いを抑える方法はないのかな?
それに、もし働けなくなったら不安だなぁ。

「住宅ローン控除」は、ご存知ですか?
また、働けなくなった場合にそなえるための保険もあるんです。今加入されている保険の保障内容を見直せば、月々の保険料が減ることもありますよ。

なるほど、マイホーム購入は保険を見直すタイミングでもあるんだ!
でも、平日仕事があるからなかなか相談と言ってもなぁ…。

滋賀銀行では保険診断も行っております。
ぜひお気軽に「休日相談店舗」も活用いただき、マイホーム購入にかかる不安をいっしょに解決していきましょう!

「これから」のことをご一緒に。

資産運用・保険の見直し・各種ローンのご相談は土日祝も平日も17時まで営業の休日相談店舗パーソナルへ

県内7ヵ店で営業中!

- 休日相談店舗「パーソナル」一覧 -

大津・瀬田駅前・南草津・
草津・守山・八幡駅前・大薮

住宅ローン控除を活用しよう

住宅ローンを利用してマイホームの新築、購入、増改築をした時は、一定要件を満たせば税額控除を受けることができます。
この控除を受けるためには初年度に確定申告をする必要があります。

住宅ローン控除とは

住宅ローン控除とは、返済期間10年以上の住宅ローンを借りて住宅を取得した場合に、一定の条件を満たしていれば、年末の住宅ローン残高の1%を最大控除額として、納めた税金から還付される制度です。
ローン残高の上限は4,000万円(認定長期優良住宅、認定低炭素住宅は5,000万円)のため、1年間で最大40万円(50万円)の控除が受けられます。

所得税、住民税-住宅ローン控除=税金(年間最大40万円を税金から控除)

■住宅ローン控除の手続きは確定申告が必要

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得と、それに対する所得税等を計算し、納付すべき税額が算出される場合は納付を、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続です。
確定申告の手続はお住まいの地域を管轄する税務署で行います。

  • なお、給与所得者の場合、2年目以降は勤務先の年末調整で手続きできます。

実際に返済額や借りられる金額をシミュレーションしてみよう

『しがぎん』の住宅ローン 4つのポイント

POINT①:安心!団体信用生命保険が充実! POINT②:無料!一部繰上返済手数料が無料!POINT③:便利!休日もさまざまなご相談ができます! POINT④:カンタン!固定金利特約終了時・一部繰上返済のお手続きはお電話で!

お客さまに合ったローンをご提案

お持ちの不動産を担保に
お借入れいただけるローン

住宅の維持

住宅は購入して終わりではありません。定期的なメンテナンスで住居を長持ちさせることができます。

購入後のメンテナンス

戸建住宅のメンテナンスの計画を立てよう

メンテナンスの計画を立てる上で、内外装や主要な設備の耐用年数を理解しておきましょう。おおよその目安は以下の通りです。

戸建(木造住宅の場合)

点検部位 点検時期の目安 点検部位
外壁(モルタル壁) 2~3年ごと 15~20年程度で全面補修を検討
屋根(瓦葺き) 5~6年ごと 20~30年程度で全面葺替えを検討
土台、床組 4~5年ごと 土台以外は20~30年程度で全面取替えを検討
(5~10年程度で防腐・防蟻再処理)
キッチンシンク・洗面設備 1年ごと 15~20年程度で全面取替えを検討
カーペット床 1~2年ごとに本格的クリーニング 6~10年程度で敷き替えを検討
雨戸・網戸 2~3年ごと 15~30年程度で取替えを検討(建付調整は随時)
排水管 1年ごと 15~20年程度で全面取替えを検討
トイレ 1年ごと 15~20年程度で全面取替えを検討
ユニットバス 1年ごと 10~15年程度で全面取替えを検討
給湯器 1年ごと 10年程度で取替えを検討
電気設備(コンセントなど) 1年ごと 15~20年程度で全面取替えを検討
  • 「点検時期の目安」および「取替えの目安」は、建物の立地条件、建設費、使用状況および日常の点検やメンテナンスによって相当の差があります。本表に掲げている数値は、目安を示したものです。
  • 出典:独立行政法人住宅金融支援機構「マイホーム維持管理の目安」

修繕の検討開始タイミングの図

リフォームにかかるお金

キッチン 100~150万円
浴室 100~120万円
トイレ 30~40万円
外壁 90~120万円
屋根 50~100万円
  • 株式会社ホームプロ「戸建住宅リフォームの費用と相場」より
  • 「リフォームにかかるお金」は、建物の立地条件、建設費、使用状況および日常の点検やメンテナンスによって相当の差があります。本表に掲げている数値は、目安を示したものです。

お客さまに合ったローンをご提案

「これから」のことをご一緒に。

資産運用・保険の見直し・各種ローンのご相談は土日祝も平日も17時まで営業の休日相談店舗パーソナルへ

県内7ヵ店で営業中!

- 休日相談店舗「パーソナル」一覧 -

大津・瀬田駅前・南草津・
草津・守山・八幡駅前・大薮

お問い合わせ・ご相談はこちら

電話で相談する

ハローサポート

0120-213-560

IP電話等からのご利用は
077-503-3030

受付時間/銀行窓口営業日 9:00~21:00

店舗で相談する

お近くの店舗へご相談ください

メールで相談する

後日、担当より電話またはメールでお答えします